明治の面影残す迎賓館「臨江閣」

臨江閣は、明治17(1884)年9月、当時の群馬県知事・楫取素彦や市内の有志らの協力と募金により迎賓館として建てられた本館の他、茶室や明治43(1910)年に貴賓館として建てられた別館があります。
改修工事が終了し、8月19日にオープニングイベントが開催され、9月からいよいよ一般公開が始まります。

 

所在地:群馬県前橋市大手町3-15
アクセス:JR両毛線前橋駅から群馬中央バス新前橋駅行きに乗車、約10ふん。「遊園地坂下」にて下車後、徒歩約5分。
Webサイト:http://www.city.maebashi.gunma.jp/…/230/266/270/p003282.html
お問い合わせ先 前橋市文化財保護課
TEL 027-280-6511